台風がもたらした孝行娘・永井花奈のプロ初優勝。20歳とは思えぬ人生プランが浮き彫りに !

大きな飛距離はないが、きれのいいショットをみせる永井花奈のドライバー。

大きな飛距離はないが、きれのいいショットをみせる永井花奈のドライバー。

今週もまた、前週に続いて台風接近による荒天で男女ツアーとも最終日が中止のハプニング。女子ツアーは史上初(88年ツアー制度施行以降)の2週連続最終日競技中止で、その恩恵を受けたのは、女子プロ2年目、20歳の永井花奈。昨年プロテストトップ合格の期待の新鋭。樋口久子・三菱電機レディス(埼玉・武蔵丘GC)2日目、「68」を出して6位から通算7アンダーで単独トップに。最終日の競技中止でそのままプロ初優勝に横滑りしたのです。東京都出身、父親が経営していた品川・大井町の人気ラーメン店の一人娘。人生設計も描いているしっかり者の花奈が、思いがけぬ初優勝に涙した異例の大会となりました。

☆      ★      ☆

155㌢と大柄ではない体ながら、安定したショットが武器の花奈。

2週続きで週末の日本列島を直撃した秋台風(21号、22号)。ゴルフ界もまともに被害を受けました(男子のマイナビABCも最終日中止)が、永井花奈には一生忘れられない幸運が舞い込んだのです。
「トップで最終日スタートするのは経験がなかったし、優勝するのはグリーン上で決めるって感じだったので、ちょっとイメージと変わってしまいました。コースに来たときはやる前提でマスター室前のイスに座っていたら、カメラマンの方がすごい集まってきたので、そうなのかなと思いました。でも優勝はすごく嬉しいです」
プロ2年目での初優勝。開幕からシーズンを通して試合に出るようになったのは今年から。今大会、ショットの調子がよくて初日から69で6位につけると、2日目は5バーディー、1ボギーの68と連続の60台で一気に単独首位。そのまま横滑りの優勝とはいえ、勝負のキーとなったのは、2日目の15番(パー3)。「それまでパーが続いていたとき、6㍍のスライスラインが入ったバーディーが大きかった。続く16番、18番のバーディーにつながった。流れがあれで変わったと思う」と振り返ります。

打ち終わって、フェアウェイキープを確認する花奈。

打ち終わって、フェアウェイキープを確認する花奈。

プロテスト合格のあと、昨秋のQTでも14位に入り、晴れて今季からはツアープロとして33試合(ワールド・サロンパス・カップを除く全試合)に出場しました。これまで、大東建託いい部屋ネットの4位を最高にトップテン8回(予選落ち6回)。2年目の選手としては上々の成績でしたが、前週は2週連続で予選落ち。コースに居残って懸命の練習に取り組んだ努力が、翌週に初優勝というビッグなご褒美が待っていました。
「ゴルフを始めて以来ずっと″プロで優勝したい〝との思いがあったので、そこから考えると長かったかもしれないけれど、自分の中ではいろいろやることに必死に取り組んでいたので、あっという間の期間でしたね」

通信制高校(東京・日出高)に通っていた14年の日本女子オープンでは、歴代日本人アマ最高の3位に入る大活躍で注目を浴びた花奈です。その年、10月に行われた米ツアー2次予選会を通過。最終予選会に進みましたが、ここでは1度もアンダーパーを出せずに通算13オーバーで米ツアーの優先出場権獲得は成りませんでした。しかし、この予選会で得た米下部ツアー出場権を生かし、日本のプロテスト受験のために米下部ツアーのシメトラツアーに参戦して経験を積みました。「海外に行くといろんなスタイルの選手がいて。自分は自分で自分のスタイルを作って上手くなればいいと思った」と話した通り、飛距離はないけれどショットの精度、マネジメント、気持ちの持ち方など、″花奈のゴルフ〝を貫き通して2年目で大きな花を咲かせました。

ティーグラウンドで打球の方向を見る花奈。

ティーグラウンドで打球の方向を見る花奈。

今年開幕前には父親とじっくりと将来プランを話し合ったという。「プロになったからってダラダラとやるんじゃなくて、今年から3年はしっかり頑張る。ゴルフに真剣に取り組むことを約束し、トレーニングも欠かさずやってます。それでダメだったらまた考えようと、決めたのです。今回の優勝は嬉しいですけど、まだ、3日間、4日間、しっかり戦い抜いた優勝じゃない。この1勝だけでは満足していません。何勝もできるプレーヤーになりたいです」と江戸っ子プロは威勢がいい。

いまは両親がツアーに帯同して花奈のゴルフを支えています。それに祖母も加わってのサポートは、並み大抵ではない家族ぐるみのバックアップです。日本女子オープン3位のローアマを獲得したとき、17歳だった花奈は、仰天の人生設計を語って周りを驚かせました。
「私は一人っ子だし、親は確実に先に逝きます。将来は寂しくなるので、プロになって頑張って稼ぎ、30歳くらいで結婚。ゴルフはそこらあたりでたくさん。いまかかっているお金は両親に早く返したい」と。

ティーグラウンドで戦略を練る花奈。

ティーグラウンドで戦略を練る花奈。

その時の人生設計の思いは、いまも変わっていないという。父親が楽しそうにゴルフに行くのを見て、「そんなに楽しいのかなぁ」との好奇心で、6歳から自宅でプラスチックのクラブを振っていた。そして保育園の卒業アルバムには″プロゴルファーになる〝と書いていたそうです。アマ時代、13、14年は関東女子選手権を連覇し、キレのいいスイングを武器に14年の日本女子オープンローアアマにつなげたのです。

1学年下に勝みなみ、1学年上に森田遥。2学年上に堀琴音、柏原明日架ら。″みなみ世代〝の真ん中にいる若干20歳。いや、アマチュア時代から驚くほどの堅実な人生プランをしいて戦っているしっかり者です。22号台風がもたらしてくれた?最終日なしのたなぼた優勝。そのくらいでは、手放しで笑ってはいられないのです。表彰式では手で涙をぬぐった花奈でしたが、スタートラインを飛び立った孝行娘の行く末が、見ものです。

(了)