Category Archives: 未分類

ウェイティングからつかんだツアー初優勝の快挙・香妻琴乃(26)8年目の涙。スポンサー7社に面目!!

人気度も高い香妻琴乃。キュートな笑顔がファンを集める。8年目の嬉しい初Vを挙げた。

アイドル系の先輩格、香妻(こうずま)琴乃(26)がプロ8年目、涙のツアー初優勝です。マンシングウェア東海(愛知・新南愛知CC美浜)の最終日、3打差10位から出た香妻、8バーディー、ボギーなしの「64」の大爆発で通算15アンダー。1打差2位に4人が迫る大混戦を制する大逆転劇でした。腰痛やパットの不調でシード権も失い、大スランプに落ち込んでいた彼女。この試合も資格がなく、申ジエ(韓)が右手首とひじの痛みで欠場したおかげで3日前に決まった繰り上げ出場。ウェイティングからの優勝は、日本選手では史上初という快挙でした。男子ツアーで3週前、RIZAP・KBCオーガスタでツアー初優勝した出水田(いずみだ)大二郎(25)とは鹿児島の同郷で、横峯さくらの父・良郎さんが指導する「めだかクラブ」で学んだ仲。TVで見たRIZAPでの出水田の″攻めるゴルフ〝が強い印象に残り、大いに刺激を受けたという香妻。男女プロが続けて挙げた鹿児島勢の気勢も燃え上がっています。

☆★     ☆★     ☆★

テイーグラウンドでクラブを出して方向を定める香妻琴乃。

所属は、アイドル系との契約が多いバッグやウエアのサマンサタバサ。車はベンツとの使用契約。ゴルフ用具はスリクソン。電動工具や遠心機を扱う工機ホールディングス。他にJALなども加わって、いま香妻とスポンサー契約を結んでいる企業は実に7社。ゴルフウエアや帽子などにはそれぞれのロゴをあしらって、まるで歩く広告塔です。鹿児島鹿屋市生まれですが、宮崎・日章学園時代はナショナルチームのメンバー。卒業後、11年夏にプロテスト合格。下部ツアーでは2勝を挙げ、ツアーでも14年はプレーオフに2度進出(2度とも負け)するなど何度も優勝争いを演じ、賞金ランク19位で初シード権を獲得しました。キュートな″美人選手〝 とうたわれて人気も急上昇しましたが、初優勝がこないまま14年10月に腰痛を発症。一時は歩けない、寝返りも打てない、咳をしても痛い・・という重症で、これがパッティングにも影響がおよび、1㍍のパットに苦しみました。15年は賞金ランク48位で辛うじてシード権を保ちましたが、16年、17年と連続シード落ち。17年暮れのQTも104位、リランキング55位と振るわず、今季は推薦待ちの状態でした。

安定したショットを放つ香妻。

″黄金世代〝など若手が次々と台頭してくる女子プロ界。「香妻琴乃」の名前も消えかかる日々。「スポンサーさんに申し訳ない。レギュラーツアーに出られないとスポンサーさんについてもらってる意味がないのでは・・。試合に出ると、私が思っているよりも本当にたくさんのファンがいて18ホールついて回ってくれる。こんなに応援してもらってるんだったら、1日でも早く優勝する姿をみせたいなと頑張っていました」(香妻)と、述懐しました。

3打差10位から逆転を狙った最終日。前日まで苦しんだパットが冴えわたりました。1番で5㍍を決めると、アウトは1ホールごとに訪れたチャンスをことごとくモノにして5バーディー。後半は11、12番をとったあと、バーディーラッシュが止まってしまい、岡山絵里、新垣比菜、イ・ミニョンが迫ってきます。さらに急追してきたアン・ソンジュの影も恐怖でした。
「絶対にプレーオフになると思っていました」と覚悟を決めていた香妻。最後の18番は右ラフから121ヤードのセカンドをPWで2.5㍍につけ、この最後のチャンンスを見事に決めてホールアウトしました。この日8つ目のこのバーディーがウィニングパットでした。先に上がって約50分間を練習グリーンでPOに備えた香妻。怖かったアン・ソンジュが最後は1打差で追い上げてきて18番は3㍍のバーディーパット。入ればPOの場面でした。ところが、アンがこのパットを外す″ラッキー〝。勝負の女神は香妻に微笑み、琴乃は父親やキャディーと抱き合う感激の一瞬でした。

急きょ欠場届を出した申ジエ(韓)。そのおかげでウェイティングしていた香妻琴乃に出場のチャンスが巡ってきた。

2週連続優勝していた申ジエが、突然の欠場届け。普通なら出場できない試合でツアー初優勝までが転がり込んできたのですから、こんな幸運はめったにありません。懸命なストレッチ治療やトレーニング。50万円もした電気治療器を購入して腰に当てた毎日。なんとか持ちこたえてきた腰と、復調したパターが今週の香妻を支えてくれました。7社とスポンサー契約を結ぶ人気プロにようやく明るい陽光が差し込み始めました。

男子ツアーの出水田大二郎からは、さっそくお返しのSNSが届いたという。「優勝おめでとう。ウェイティングからの優勝なんて、ホント半端ない。自分にも最高の刺激になりました」と。二人は鹿児島で小中学時代の同級生。「めだかクラブ」でともに腕を磨いた仲。3週前、出水田がRIZAP・KBCでツアー初優勝したときに香妻が打った祝福のメッセージへのお返しでした。

最終日「67」で追い上げ、ツアー2勝目をめざしたが、1打差及ばず2位タイに終わった新垣比菜。

遅ればせながら26歳で大輪の花を咲かせた香妻琴乃。″黄金世代〝には負けてはいられないでしょう。国内賞金も44ランクアップで獲得賞金も2000万円を超え、ランク40位まで浮上してきました。飛ばし屋ではありませんが、14年には平均パット1位になった実績もあるパターを含めたショートゲーム巧者です。
「まだ1勝しただけです。シーズン最終戦のリコーカップ(ツアー選手権)が地元の試合(宮崎)なので、このメジャーに勝ちたいのが、近い目標です」(香妻)。ウェイティングから勝ち上がった選手が、次はメジャーを狙うという。その意気やよし!でしょう。

(了)